返回首页 | 设为首页  加入收藏 订阅本站
一起去留学教育资讯 → 立教大学入学志望書

立教大学入学志望書

www.177liuxue.cn 来源:夜空を眺め、日の出を待ち、輝き未来へ! 发布时间:2010-06-12 2:07:17

这是一篇关于入学志望理由书,入学志望书,志望理由书的文章。立教大学は書類選考なので、入学志望書を書かなくてはいけない。初めて書くから、正直さんの関西学院大学の志望理由書を参考して、書いた文である。 私は高校生時代から、テレビや、インタ

第八軒の大学に申し込むことを決めた。立教大学は書類選考なので、入学志望書を書かなくてはいけない。初めて書くから、正直さんの関西学院大学の志望理由書を参考して、書いた文である。

私は高校生時代から、テレビや、インターネットで日本経済に関するニュースを見て、日本は経済大国として、世界中の色々な分野で活躍していることを知った。その頃から、日本の経済に興味を持ち始め、戦後わずか30年で経済大国と言われるまでに、奇跡の経済復興を遂げた日本への関心が強まって来た。高校卒業後、日本を旅行した。私は初めて、身をもって日本の社会を体験し、高度に発達した経済大国に大変よい印象を持つと同時に、日本人はどうやって日本をこんなに発展させたのかということに関心を抱くようになった。早速、両親と相談した上で日本留学を決めた。

日本へ来てはじめて、日本での生活を通して、私は自分の国を外から見るようになった。自分の国の良さも悪さも客観的に見られるようになるにつれて、次第に今の中国が直面しているたくさんの問題が分かってきて、どうすれば克服できるのかと考え始めた。しかし、今の私は経済についても、経済政策についても何も分からない。中国は近く「世界の工場」になると言われているが、現在は一人当たりのgdpが日本の九分の一であり、どうやって先進国に追いつくのか。更に、沿岸地域と内陸地域の経済格差がますます拡大しつつある。それは一体なぜなのか。どうすれば解決できるのか。それも分からない。どのような地域経済政策をもって、沿岸地域と内陸地域の格差がを縮小させられるのかということは私が一番学びたいことだ。世界先進国のなかで、最も貧富格差の少ない社会を築き上げた日本から学ぶことは多いと考えている。

貴校の経済学部では、歴史認識に基づいた国際的な視野からの問題分析能力育成を重視している。特に、経済社会コースが私にとって、魅力的である。「近現代日本経済史銉唤u営史」と「現代日本経済構造と発展」はぜひ取りたい。専門科目だけではなく、資料分析や、金融財政問題を分析するなどの能力を身につける必要を感じており、「現代金融問題の研究」もできれば取りたい講義である。これらを満たしてくれる大学として貴校の経済学部を志望した。

立教大学入学志望書由一起去留学 ( www.177liuxue.cn )编辑整理,转载请保留出处